海外ツアーは【Tポイントが貯まる・使える!!】Tトラベル

2018年02月28日

台北の気温も上がってきました

2018年の春節も過ぎて、台北もだんだんと気温が上がってきました。
春節前は7,8℃くらいしかなくて寒くてたまらなかったのですが、ここの所最高気温が20℃を越えるようになってきました。

陽春の候、春の到来と言っていいでしょう。過ごしやすいのは1,2ヶ月ですぐに暑さが増してくるのが南国台湾です。なので、束の間の春を楽しみたいと思います。

で、今まで行ったことがなかった、奇岩で有名な野柳地質公園に行ってきました。
あいにくの雨降りでしたが、観光バスで乗り付けたアジアからのツーリストでいっぱいでした。

茸みたいな形をした岩の中に、有名な「女王様の頭」という異和が有り、そこで写真を取りたい人が長蛇の列を作っていました。
海風も心地よく、透き通った海水も見るだけでリフレッシングでした。

個人的には、女王岩よりも「豹岩」がリアルで気に入りました。

台北駅から定期バスが出ている様なので、個人旅行でも問題なく移動できます。

DSC_1860.jpg


posted by タイバラン at 00:40| 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

陽明山などで雪

ここの所、日本から雪だよりが多いですが、台湾でも冷え込みが厳しいです。

新北市の陽明山で雪が降ったとニュースになりました。
南の高雄でも一桁台の温度で、台湾も今は冬だと言うのを再認識しました。

台湾で今良く売れているのは、コロナの石油ストーブで、私の所も使っています。暖かくて良いのですが、台湾の灯油はバカ高くて日本の倍以上するので、ランニングコストが結構かかります。

台湾と言うと、いつも暖かいという印象を持たれがちですが、さにあらず四季が有るんです。

なので、この時期に台湾旅行を計画する場合は、日本と同じくらいの冬支度で来て下さいね。
posted by タイバラン at 01:10| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

台湾一周サイクリングツアー フォルモサ900

台湾のポピュラーなスポーツにサイクリングがあります。

というのも、台湾には世界的に有名な自転車メーカーである
ジャイアントという会社があるんです。

それで、台湾では年間何回もツアーが開催されていて、
いちばん有名なツアーが、ジャイアントが主催する台湾一周の自転車ツアー
フォルモサ900です。
フォルモサというのは台湾の別称、「美しい島」イルラ・フォルモサから取られており、
900というのは台湾一周の距離が900キロメートルであることからの命名です。

そのフォルモサ900が、日本人サイクリスト参加のために、
2017年11月3日〜13日, 2018年3月17日〜27日 (前半・後半と分けての参加も可能)
で計画されています。

900キロメートル、実質9日間での完走は大変なチャレンジですが、
途中の台湾の味覚や、青い海、3000メートル級の高山の連なりには大満足の
ツアーになることでしょう。

日本からのツアーは
プラネットアドベンチャー
という会社が取り扱っているようです。


posted by タイバラン at 02:43| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

車のドア開閉時の事故で罰金

7月1日から、台湾では新しい交通規則が実施されます。

・停車後にクルマのドア開閉により交通事故を発生させた場合、
クルマの運転者に1,200〜3,600台湾元の罰金が課されることになりました。

・ただし、タクシーやレンタカー付随の運転手が告知義務を履行したにもかかわらず、
乗客がクルマのドア開閉により交通事故を起こした場合は、乗客が処罰されることとなります。

という事なので、
台湾で車の運転をする在留邦人は勿論、観光で台湾に来られる方々におかれても、
注意が必要です。

台湾はオートバイが沢山走っていて、運転マナーもすべてのドライバーが優良という訳ではなくて、
少しの隙間も平気で突っ込んでくるので、危険です。
車の通行の左右も日本と反対なこともあり、車が止まってドア開閉の際には前方後方の確認が必要です。

因みに、台湾のタクシーのドアは例外なく手動ですので、
本の様に待っていてもドアは開きません。

安全で快適に観光をして頂けるよう、タクシー乗降時の注意事項を頭に入れておいてください。
posted by タイバラン at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

台湾のランタンフェスティバルを貸し切り再現ツアー速報!

台湾では毎年春節(旧正月)の終わりの日、
旧暦1月15日(元宵節)に無数のランタン(天燈)を
天高く上げて、(春の到来を?)祝う行事で、
特に北部新北市の平溪郷の天燈上げは、
スケールの大きさで有名です。

天燈は直方体の骨組みの5面に紙を貼って(下面は空き)、
4つの側面に願い事を書いて、中心に燃料を含ませた布の様なものを
固定、それに火を点けて熱気球の原理で上空に上げるものです。

普段は、観光用に小さいスケールで昼間から天燈を上げる
商売をやっている人がいますが、
やはり元宵節のスケールは圧巻です。

この、圧巻のスケールを、貸切りで再現する、
日本発のツアーが計画されているので、
この機会に是非台湾に来て、見てください。

このツアーは、
7月22日、23日、24日出発限定のツアーです。
詳細は、↓のサイトの下の方にある
『まだまだあります!おすすめ特集はこちら』
の欄から入って確認してください。
元宵節のときの写真も見られますので雰囲気が
想像出来るかと思います。

台湾 TOP
posted by タイバラン at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。